出張は羽を伸ばして風俗

楽しさは付いてくるからこそ

風俗ってそんなに力む必要はないというか、普通にしていればそれなりに楽しさや満足度も付いてくるんじゃないのかなって思いますけどね。それだけでも十分だと思うんですよ。力まなければならないような世界ではなくて、ありのままで女の子と向き合うだけでも普通に楽しめると思うんです。だからむしろ「力まないように」ということをよく考えるようにしているんですよね。風俗って男にとっては最高の娯楽であり、特別な時間でもあると思うので力んでしまうのもよく分かる話ではあるんですけど、力んでも女の子がかえって困ってしまうかもしれないじゃないですか(笑)逆の立場で考えてください。自分がお客をもてなす側として、お客が血眼なくらい力んでいたらやっぱりやりづらい部分もあるんじゃないですかね(笑)風俗云々ではなく、接客する側としてはお客は自然であってもらいたいって思うじゃないですか。それだけに、風俗はやっぱり「自然体」が一番かなと。

遊ぶと楽しいからこそ

風俗で遊んでいると自分でも楽しいって気持ちに気付かされるので、出来ればずっと遊んでいたいくらいですけどさすがにそれは難しいであろうことは自分でもよく分かっていますので、風俗で遊ぶ時には自分でもベストタイミングであろう時を見計らって夢心地の時間を満喫させてもらっています。これがまたとっても楽しいんです。風俗って男の理想そのものと言うか、理想を形にしたものだと思うんですよ。だから楽しいのは間違いないですし、何よりも面白いなって思えるのは風俗嬢の個性です。どの風俗嬢もそれぞれ個性を持っています。「風俗嬢」という括りだと誰もが同じようなことを考えているのだろうと思うかもしれませんけど、風俗嬢はそんなことはないんです。それぞれがいろいろなことを考えていますので、どんな展開になるのかなんて誰にも読めません(笑)つまりは選ぶ女の子によって、自分がどんな時間を楽しめるのかが全く変わってくると言っても決して過言ではないのが風俗なんです。